格安sim ランキング

格安sim 最強ランキングサイトの概要

 

 

 

当サイトは格安sim検討中のあなた必見!毎月のスマホ料金が安くなることで評判の格安SIM。

 

しかしながら、いいことばかりに見えて実はデメリットも存在します。

 

ここでは契約後に後悔しないためにも格安SIMについてランキング形式てご紹介します。

 

購入、契約の際は当サイトの説明及び公式サイトの詳しい説明等を十分に確認いただき、後悔しないよう自分にぴったりの格安simプランを見つけてください。

 

尚、当サイトは初めて格安SIMを利用を検討されるあなたを対象とした内容になっています。

格安sim 最強ランキング1〜5位比較一覧

 


  

格安sim ランキング 1位の mineo(マイネオ)

 

全てのプランで1位に輝いたサービス、販売、価格の三拍子揃った   マイネオが最強!

 

 格安simランキング1位のmiineoの一番の特徴は、三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の回線の中からお好みの回線に契約できることです。

 

したがいまして、他の格安simの会社に比べ選択の範囲が広がります。

                                                                

miineoでは利用者の目的や使用量に応じプランを細かく設定できるようになっていますので、乗り換えがしやすいのも特徴となっています。

 

      mineo公式サイトへ

 

 

  

格安sim ランキング 2位の OCNモバイル ONE

 

  通話オプションで他社と差をつける!

 

格安simランキング2位のOCNモバイル ONE

 

二つの通話オプションでほとんど 0円通話を実現!

 

OCNモバイル ONEは、日割りプランなど独自の月額プランを出している老舗の格安SIMだが、速度とサービスを強化し急浮上。

 

無料で使えるカウントフリーオプション (データー消費無) やかけ放題ダブルなど、魅力的なサービスが充実している。

 

 

                   OCN モバイル ONE

 

 

格安simランキング 3位の LINE モバイル

 

驚異の爆速! 平均53Mbpsでキャリヤ以上の快速通信を実現!

 

格安simランキング3位のLINE モバイル

 

キャリア以上の快適通信を実現!

 

2018年で2周年を迎えるLINEモバイルは、今までLINEとの相性の良さがクローズアップされる程度のやや地味な印象だった。

 

 しかし、Sプラン(ソフトバンク回線)の開始や<1Mbps以上キープチャレンジキャンペーン>などでその存在感を増してきている今注目の格安SIMとなっている。

 

 LINEがが運営す格安SIMだけあって、LINEを利用した通信に関しては、カウントフリー(データー消費無)となるため、LINEを中心に利用する方は最適です。

 

 

     LINEモバイル公式サイトへ

 

 

 

  

格安simランキング 4位の UQ モバイル

 

速度遅延なし高速通信低速時300kbps十分!

 

格安simランキング4位のUQ モバイル

 

速度遅延なしで高速通信!

 

低速時も300Kbpsで十分!

 

混雑時でも低速にならず、遅延も少ない、格安SIMとしては珍しく、<UQスポット>という店舗もあるので安心。

 

一方で、キャリア並みの2年縛りがあり、2年目以降は利用料金が上がることもあるのはデメリットです。

 

しかし。節約モードならFacebookやTwitterといったSNSをはじめ、ネット検索などが「データー消費量ゼロ」となるメリットもあります。

 

 

           UQモバイル

 

 

 

 

  

格安simランキング 5位の Y! mobile

 

高速通信&無制限通話、これだけで選ぶ価値 大

 

格安simランキング5位のY! mobile

 

高速通信&無制限通話、これだけで選ぶ価値大!

 

優秀な回線品質と全国に専用ショップをもっています。

 

格安SIMでは唯一となる、どの相手でも通話料が一定料金になる「スーパー誰とでも定額」があることが大きなメリットです。

 

一方で全体的な料金は格安simの中ではやや高めです。

 

通話料金やインターネット回線などをソフトバンクで統一することで月間利用料金が500円〜1,000円割り引くサーピスを併用するとお得になります。

 

 

  ←公式サイトはこちら

 

格安sim ランキング6〜10位比較一覧

 

 

格安sim ランキング 6位の イオンモバイル

イオンで即日買えるのが強い!最速、最安でMNPも可能

公式サイトを見る
イオンモバイル

格安sim ランキング 7位の IIJmio

10枚のSIMを所持可能で3枚までは維持費が無料

公式サイトを見る
IIJmio

格安sim ランキング 8位の BIGLOBEモバイル

KDDI傘下で速度改善!カウントフリーで動画見放題

公式サイトを見る
BIGLOBEモバイル

格安sim ランキング9位の U−mobile

速度改善でU−NEXTユーザーには心強い

公式サイトを見る
U-mobile

格安sim ランキング 10位の ヤマダニューモバイル

全国1万2000店舗で買える量販店型SIMの決定版

公式サイトを見る
ヤマダニューモバイル

 

格安sim 最強ランキングの契約から使用開始までの手順

格安SIMの購入方法

格安SIMの購入方法は大きく分けて二つの方法があります。

 

格安SIM会社のホームページから申し込んで購入する。

 

家電量販店の店頭で購入する。

 

自分が購入したい格安SIMによって購入場所が異なります。

 

最近は家電量販店の大手キャリア携帯コーナーに格安SIMコーナーがあるところも増えてきましたが、格安SIMカウンターが設置してあるのは大型店舗に限られたり、一部の店舗のみという場合もありますので、店舗に行く前にあらかじめ確認しておいたほうがいいです。(余談ですが私は、たまたま【ヤマダ電機】に買い物にいったら格安SIMが展示してたので購入手続きをしました)

 

格安SIMを使うために準備するもの

格安SIMを使用するために、あらかじめ準備しておく必要があるものがあります。

 

■本人確認書類
運転免許証や日本語パスポート、マイナバーカードなどの顔と名前等が確認できるものが必要になります。

 

ほとんどの格安SIM会社はデジタルデーターでの提出となっていますので、あらかじめデジカメやスマートフォンのカメラで撮影した画像データーを用意します。
(私の場合はマイナンバーカードをスマートフォンで撮影し、アップしました)

 

■本人名義のクレジットカード
ほとんどの格安SIM会社での料金の支払いはクレジットカードが必要になります。

 

一部の格安SIM会社では口座振替での支払い方法もありますが、支払い方法は事前に確認しておき、クレジットカード支払い限定の場合はカードの準備が必要です。

 

■メールアドレスの準備
フリーメール(ヤフーメール等)でもよいので準備が必要です。

 

■MNP予約番号
MNPとは(ナンバーポータビリテイ)といい現在使用中の電話番号を変えずに乗り換えることが可能です。

 

現在使用中の電話番号をそのまま格安SIMでも使いたい場合は。現在契約している携帯会社から【MNP予約番号】をもらい申込みの時に使用します。

 

注意したいのが、MNP予約番号は発効日から15日経つと使用期限が切れてしまいますので、番号を取得したら早めに申込み、設定してください。

 

格安SIMサイズの確認
スマホ本体とSIMカードをセットで購入する場合は、問題ありませんし、設定も簡単です。

 

しかし、格安SIMとスマホ本体を別々に購入する場合は、SIMカードのサイズを必ず確認してください。

 

現在3種類の格安simがあります。
(標準 SIM、micro SIM、nanoSIM)

 

格安SIMの購入前の確認

最初にスマホ本体とSIMカードをセットで購入するか、SIMカードのみ購入するか決めます。
(購入する商品にはSIMカードは同梱されておりません)

 

次に利用目的に応じ格安SIMの機能を決めます。
(データー専用SIM、SMS付きデーター専用SIM、音声通話付きSIM)

 

最後に店舗で購入するか、各社Webサイトで購入するか決めます。

 

格安SIM購入手順(SIMカードのみ)

店舗での購入は、利用したい格安SIM会社のSIMカードのパッケージ(SIMカードは付属していない)をカウンターに持って行き購入の手続きをします。

 

尚、格安フリースマホも一緒に購入した場合は、購入代金を払い持ち帰れます。
(私は上記パターンで乗り換え手続きをしました)

 

各社Webサイトでの購入は、自分の利用目的、利用料等に応じ格安SIM会社のWebサイトに訪問し購入手続きをします。(そういわれても初めての方は、どこが良いのか迷ってしまうので、オススメは【mineo】という格安SIM会社があります)

 

格安SIM購入手順(スマホ本体とSIMカードのセット購入)

初期設定をすることもなく、SIMカードを挿入するだけですぐに使えるので便利です。

 

各社Webサイトでの購入は、自分の利用目的、利用料等に応じ格安SIM会社のWebサイトに訪問し購入手続きをします。(そういわれても初めての方は、どこが良いのか迷ってしまうので、オススメは【mineo】という格安SIM会社があります)

 

格安SIMを使うための手順

大まかな流れはどこの格安SIMも同じですが、細かい部分が一部異なる場合もありますので、格安SIM会社のサイトをしっかり確認してください。

 

実際にやってみると、Webサイトを見ているとけっこう面倒くさくなりますが、利用料金を安くするためだ!と思い、頑張ってやってみてください。

 

格安SIMカードが手元に届いたら開通設定をを行う
申し込んだSIMカードが5日間後位で手元に届きますので初期設定を行います。

 

格安SIMの場合、SIMカードが届いたらそのままスマホに挿せば使えるわけでわありません。
(スマホとセット購入の場合はすぐ使用できます)

 

使用できるようにするには、【APN設定】をやらないと使用できません。
【APM設定とは:アクセスポイントの設定のこと(契約した格安SIM会社になります)】

 

設定の際は、SIMカードと一緒にAPN設定の手順が詳しく説明された説明書が届きますので内容をよく読んで設定をを行ってください。

 

初期設定というとちょっと難しそうな印象を受けるかもしれませんが、必要事項を入力するだけなので、落ち着いて行えば大丈夫です。
(私は設定の際に何回か失敗!試行錯誤で設定を終えましたが、振り返ってみると、たいしたことはなかったな〜、ただ単に自分の理解度がなかったんだと感じました)

格安sim ランキング 1〜10位 MVNO一覧

格安sim ランキング 1位 (マイネオ)




格安sim ランキング 2位 (OCNモバイル ONE)




格安sim ランキング 3位 (LINモバイル)




格安sim ランキング 4位 (UQモバイル)




格安sim ランキング 5位 (Y!モバイル)
格安sim ランキング 6位 (イオンモバイル) イオンモバイル
格安sim ランキング 7位 (IIJ mio)
格安sim ランキング 8位 (BIGLOBEモバイル)
格安sim ランキング 9位 (U−mobile)



格安sim ランキング 10位 (ヤマダニューモバイル)