青汁 んーまずい┃おいしく飲める方法、コツを詳しくお話しします

健康維持

 

青汁 んーまずい┃少しでもおいしく飲める方法ないの? その答えは!健康維持のためと思い我慢して飲む!ではちょっと冷たい答えなので、これから青汁に混ぜて飲む方法をお伝えしますね。

青汁をおいしく飲むには

青汁を、より効果的においしく飲むには、いくつかコツがあります。

青汁 んーまずい!というあなたは、これからお話しすることを参考にしてくださいね。

青汁は,しぼりたてを飲もう

青汁は、作り立てを直ぐに飲むのが原則です。

時間がたてば、質も味も落ちます。

また、緑葉を絞ったままの青汁が一番ですが、飲みにくい場合は、水で薄めたり蜂蜜などで味付けをしてもかまいません。

また、一度に飲む量は、始めは少量にして、少しづつ増やしていけばよいでしょう。

飲む時間は、食前でも食後でも、食間でもかまいません。

青汁は飲みにくい時は工夫しよう

青汁は、たしなむ飲料ではないので、もともとおいしくありません。

つまり、味を楽しむのが目的ではなく、健康な体にするために飲むものなので多少飲みにくくとも、しぼったものをそのまま飲むようにしましょう。

慣れてくれば、飲みにくさも感じにくくなってきます。

しかし、どうしても青汁独自の青くささに耐えられない、という人もいるでしょう。

あなたも、そのひとりでは?

そういう場合は、夏みかん、レモン、すだち、などのしぼり汁や皮(農薬に汚染されれていないもの)を加えると、かなり飲みやすくなります。

ただし、りんごやニンジンはピタミンCを壊す成分を含んでいるので、青汁の材料といっしょにミキサーやジューサーにかけることは避けましょう。

これらは別にしぼっておいて、飲むときに混ぜればよいのです。

また、180mlの青汁にサラダ油を2~3滴落したり、牛乳やきな粉など脂肪分のあるものを加えても飲みやすくなります。

青汁が濃すぎて飲みにくい場合は、牛乳や水、冷たい緑茶、炭酸水(砂糖などが入っていないプレーンソーダ)で割って飲むとよいでしょう。

青汁に味付けをして飲みやすくしてみよう

青汁を飲みやすくするには、味をつける方法もあります。

塩味が好みの人は、食塩や水で溶いた、みそ、しょうゆ、などを適量加えてください。

酸味が欲しい人は、レモンやみかんなど柑橘類のしぼり汁や酢、梅酢などがおすすめです。

甘味を出すには蜂蜜が最もよく、ついで糖蜜となります。

精白糖、人工甘味料は避けましょう。

また、乳酸菌飲料、ジュース類、サイダー類、シロップ類には人工甘味料や有害な色素が入っているおそれがあるので、含有成分を確認してから使うか、なるべく避けるようにしましょう。

また、いくら蜂蜜がよいといっても、あまり多く入れぎてしまっては栄養過多になります。

青汁が飲みやすくなる最低限の量に抑えてください。

青汁は冬季に飲むときは、温かい牛乳やお湯を加えて飲もう

寒い季節に冷たい青汁を飲むと、おなかが痛くなったり下痢をする、という人がまれにいます。

このようなときは、温かい牛乳やお湯、お茶、みそ汁などを加えて飲むとよいでしょう。

ただし、青汁を直に火にかけてあたためてはいけません。

せっかくのビタミンCが壊れてしまいます。

青汁に添加物は必要ありません

青汁にカルシウムや乳酸菌、酵素を加えて飲むと、さらに効果が高まる、という人がいます。

これらを入れて悪いということはありませんが、劇的に青汁の効果が高まるということはありません。

質のよい、新鮮な青汁であれば、特に添加物を加える必要ありません。

何も入れる必要のない自然のままの、安全で安価に作れる青汁こそが、あなたの目指している青汁の姿です。

まとめ

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

いかがだったでしょうか?

青汁 んーまずいについてお話してきました。

これまでお話したことを参考にしていただき、青汁 んーまずいを克服していただければ嬉しく思います。

試してみたいと思われたら、

公式サイトにて詳細を確認してください。

↓↓↓

150億個の乳酸菌やわた本青汁