青汁 飲めない 人┃どうしても青汁を飲めない人の方法を詳しくお話します

健康維持

青汁をどうしても飲めないときの対処法の答えは!あきらめずに、緑葉を乾燥させて粉末にしたもの、青汁を使った料理などで青汁の栄養分をとることをオススメします。

青汁を飲んではいけない人は、血液サラサラの薬、ワファリンを飲んでいる人は(必ず医師相談すること)です。

また、青汁を飲んでいる人も、材料にした緑葉を料理に利用すると効果が高まります。

それでは緑葉を使った料理をいくつか紹介しておきますね。

緑葉を使った料理は?

それでは、緑葉を使用した料理、を3種類ほど紹介しますね。

〇 緑葉めし

〇 緑葉巻き

〇 緑葉茶漬け

以上の3種類紹介します。

緑葉めしとは?

❶ 茶わんに約半分のご飯に、生のまま食べやすい大きさに刻んだ緑葉(しそ、わけぎ、にら、三つ葉、せり、しゅんぎくなど)をできるだけたくさん混ぜます。

❷ ①に冷やし汁(冷えたみそ汁、すまし汁、だし汁など)をかけて食べます。

好みで、もろみや、みそ、漬け物、わかめ、とろろこんぶなどを混ぜてもおいしくなります。

また、雑魚、かつお節、みじん切りにしたゆで卵、焼き肉などを入れると、ぐっと豪華な味になります。

緑葉巻きとは

❶ 少量のご飯をしそ、大根葉、かぶの葉、からし葉、小松菜、ちしゃなど幅の広い生緑葉でくるみます。

❷ ①をしょうゆやたれなどの調味料につけて食べます。

ご飯だけでなく、豆、肉、ゆで卵などを生緑葉でくるむと、さらにおいしく食べることができます。

緑葉茶漬けとは

緑葉めしに、熱いお湯やお茶をかけて食べます。

塩こんぶや焼き魚を細かくほぐしてしょうゆで味つけしたものを加えると、たい茶漬けも顔負けのおいしさになります。

青汁の飲み方(1日に飲む量と回数)、飲んではいけない場合

青汁の一日に飲む量、と飲む回数、飲む際の注意事項についてお話しますので参考にしてください。

特に青汁を飲む際に必ずまもっていただきたいことは、基礎疾患のある人、医師に処方された薬を服用している人、体の具合がよくなく医者に行こうと思っている人、は必ず医師に相談してください!

※ 青汁は病気を治す薬であはありません。

青汁はあくまで食品です。

青汁の1日に飲む量は?

青汁を1日に飲む量に、特に決まりはありません。

ただし、ふだんの生活で食べている野菜の量や、どれくらいの濃さの青汁を飲むかによって、おおよその目安を決めることはできます。

ふだんから野菜を多く食べている人は、特に生で食べる習慣のある人は、1日に90mlほど飲めば十分です。

しかし、いま説明した青汁の量は、材料からしぼったままの生地の青汁のもので、ミキサーで作ったものや、水などで薄めたものは、さらに多く飲まなくてはなりません。

飲みたいだけ飲んでも体に害がないのが特徴です。

私が知っている例では、1日に2リットル以上飲んでいる人もあります。

とはいっても、この人はミキサーで作った青汁を飲んでいるので、実際の量に換算すると1,080~1,260mlになります。

青汁の1日に飲む回数は?

1日に飲む回数に決まりはありません。

360~540mlを1度に飲んでもかまいませんし、数回に分けて飲んでも大丈夫です。

青汁を飲んではいけない場合は?

青汁を飲んだら副作用があらわれた、という理由で「青汁は体に有害だ」という人がいます。

しかし、その原因をよく調べてみると、材料となった野菜が農薬に汚染されていたり、毒性のある野草を使っていた、ということがほとんどです。

また、漢方の研究家のなかには、「虚証」にあたる人(虚弱体質、胃下垂、低血圧など)が青汁をとるのはよくない、という人もいます。

しかし私は、このような体質や健康状態は、食生活の乱れが原因となっていると考えています。

ですから、緑葉食や青汁で栄養状態をよくすれば、効果があらわれて改善が期待できると思います。

しかし、いくつかの病気に限り、青汁の効果が逆効果として現れることがありますので、注意してください。

それは、末期の腎炎や、腎臓の機能が極度に低下している場合で、カリウムの排泄が悪くなるためために、青汁を大量にとると血液中のカリュムが異常に増えカリュム中毒の症状があらわれることがあります。

また、めったにないことですが、甲状腺機能が衰えて甲状腺がはれている人がケールの青汁を飲むと、はれが強くなることがあります。

ケールの仲間の野菜には、甲状腺の機能を抑える作用のある成分を持ったものがあるからです。

しかしこのような場合も、青汁の材料をケールやキャベツ以外のものにかえれば問題ありません。

このように、青汁作りは、材料のそろえ方や作り方、飲み方に間違いがなければ、特に問題は生じません。

しかし、それでも心配な人は、念のため主治医に相談してから青汁を飲むようにしてください。

まとめ

ここまでお読み頂きありがとうございます。

いかがだったでしょうか。

どうしても青汁が飲めない!というあなたの対処法、青汁の飲み方についてお話してきました。

今回ご紹介する青汁は、自然な甘さで飲みやすくつくられています。

詳細はこちらから

↓ ↓ ↓
安心の全額返金保証やわた本青汁