【格安sim わからない】格安simの疑問を一挙解決

【格安sim わからない】格安simの疑問

 

【格安sim わからない】格安simの疑問一挙解決の概要

 

当サイトは格安sim初心者の方に向けた格安simの疑問に特化した内容になっています。

 

下記の3つの動機にそって【格安sim わからない】の疑問を解決していきたいと思います。

 

1、初めて格安simを使ってみようと思っている。

 

2、今まで3大キャリアのガラケーを契約していて、格安simに乗り換えたいと思っている。

 

3、今まで3大キャリアのスマートフォンを契約していて月額利用料を少しでも安く抑えたいと思っている。

 

それでは、【格安sim わからない】について疑問項目別に解決したいと思います。

【格安sim わからない】格安simの疑問を項目別に一挙解決

このページの目次

 

1、、【格安sim わからない】そもそも格安simって何に?

 

 

加入者の通信情報が記録されているICカードです

 

電話番号やユーザーの情報が記録されたチップのこと。 

 

音声通話、ネット接続ともにsimカードは必須となる。

 

2、、【格安sim わからない】MVNOって何に?

格安simを提供している会社のこと

 

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク等)から回線の一部を借り受けてサービスを提供

 

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)をMVOと呼ぶのに対しMVNOとは(仮想移動体通信事業者)略で、自社の回線を持たずに通信サービスを提供する企業のこと。

 

格安SIMのキャリアと言える存在だ。

 

3、、【格安sim わからない】格安simって本当に安くなるの?

 

半額以下になることも

 

同じデーター容量なら半額以下は確実に安くなる

 

格安simへの乗り換えでどれだけ安くなるかは、現在使用のキャリアの料金プランによるが、同条件なら半額以上安くすることができる。

 

また、容量を増やしても安くなるケースが多い。

 

4、、【格安sim わからない】格安simはなぜ安いの?

 

広告費人件費を抑えているからです

 

全体的にコストを抑えて格安料金を実現

 

最近でこそテレビCMなどで広告の露出がが増えたMVNO事業者だが、それでもキャリアと比較すると広告費にかけるコストは小さい。

 

また、ショップが少なく人件費もかからない。

 

さらにキャリアの回線をレンタルして運営しているので、基地局の維持費などの、インフラコストを抑えることができる。

 

これらの理由から低価格を実現しいるのだ。

 

5、、【格安sim わからない】格安simにはどんな種類があるの?

 

 

データ、音声、無制限の三つを抑えましょう

 

それぞれのプランの特徴をチエック

種類 機能 オススメ
データー

データー通信のみ可能なプラン。
音声通話はできない

タブレットで使いたい
通話用のスマホは別にある

データー+SMS データー通信+電話番号によるショートメッセージを送ることができるプラン データー通信+電話番号によるショートメッセージを送りたい
音声機能付き ドコモやauソフトバンクなどのキャリア同様に音声通話ができるプラン

形態は1台ですませたい
通話もしたいし、料金も下げたい

データー無制限

一定料金でデーター通信し放題のプラン。
通信速度が低速に設定されているので注意しよう

Wi-Fiルーターとして使いたい、
とにかくデーター通信料が多い

キャリアから乗り換えるなら同じ回線の使用のsimを選ぼう
MVNOは回線のレンタル先によってドコモ系、ソフトバンク系、au系の3つに分けられる。

 

基本的にはドコモユーザーがドコモ系の格安simに乗り換える場合simロック解除は不要だ。

 

また格安simは3種類あるが、キャリアから乗り換える場合は音声機能付きプランを選択すればよい。

 

キャリア回線ごとの主な格安sim

 

格安simの中でははやりドコモ系が圧倒的に多い。

 

ちなみにY!モバイルは公式ではソフトバンク回線とされているが、実際には独自回線。

 

ソクトバンク端末はsimロック解除が必要だ。

 

回  線 対応する主な格安sim(MVNO)
ドコモ系 mineo、イオンモバイル、IIJmio、Dmm mobile、LINEモバイル、楽天モバイル、BOGLOBEモバイル、OCNモバイルONEなど
au系 UQモバイル、mineo、IIJmio、BOGLOBEモバイルなど
ソフトバンク系 Y!モバイル、QT mobile、U-mobile、mineoなど

 

6、、【格安sim わからない】データーsimと音声simはなにが違うの?

 

音声通話機能の有無です

 

音声通話ができるのは音声simのみ
データーsimとはデーター通信専用のため通話ができない。

 

有料でSMS機能付きのデーターsimも用意されているが、こちらも同じ、音声通話もネットもしたいという人は音声simを選択しよう。

 

データー通信 SMS 音声通話
データーsim × ×
SMS付きデーターsim ×
音声通話機能付きsim

 

 

7、、【格安sim わからない】店頭がないとやっぱり不安です

 

家電量販店に店頭がある格安SImも

 

以前はネット販売のみという格安simも多かったが、現在は多くの格安simが家電量販店で対面契約できるようになった。

 

ただし、量販店スタッフ対応になることが多く、専門店と比較すると対応力がおちる。

 

※主な量販店
● ヤマダ電機

 

● ヨドバシカメラ

 

● ビックカメラ

 

大型家庭量販店の携帯端末販売コーナーにショップを構えるMVNO事業者多い。

 

即日対応や発行端末を手に取って確かめられるのも大きなメリットだ

 

8、、【格安sim わからない】旅行でそのまま使える?

 

できればトラベルsimを使いましょう

 

海外Wi-Fiよりよりも安いトラベルsim一択

 

格安simのなかには海外ローミングに対応しているサービスがあるが、通話に対応していないなど、機能制限があるケースが多い。

 

そこで海外旅行に行くときはトラベルsimを購入し、差し替えて使うのがオススメ。

 

Wi-Fiルーターをレンタルするよりも安い価格で提供されているので、長期滞在でも安心して利用できる。

 

注意点:機能は限定的な場合も!

 

 

9、、【格安sim わからない】キャリアと比べてどうなの?

 

通話と速度が違います

 

普段使いには十分もキャリアには及ばず

 

● かけ放題は5〜10分がほとんど。無制限はない

 

● 以前と比べ、速度が安定されたが、キャリアにはまだおよばない

 

3大キャリアとの大きな違いが速度、格安simは回線をレンタルしているので、どうしてもキャリアと比べて低速になる。

 

ただ、日常生活では十分に使えるので安心してほしい。

 

ほかには無料通話プランに違いがあるので、通話メインで利用している人は事前にチエックしよう。

 

 

10、、【格安sim わからない】ネットと店舗どっちで買うのが正解

 

初めてなら店舗が安心です

 

格安simをネットで購入する場合のPOINT

 

メリット  24時間自宅で買える(ネット購入なら店まで足を運ぶことなく、好きな時間に申込み可能)
デメリット 端末を手に持って確認できない(SIMとセットの端末を購入する場合、実際に触って確認できない)

 

SIMについて知識がなければ店舗で買おう

 

格安SIMはネット購入が基本だが、【mineo】など一部では店舗があるケースも。

 

契約に不安があるなら店舗での契約が安心だ。

 

また、ネットとは違い即日入手できるのもメリットの一つ。

 

 

11、、【格安sim わからない】乗り換えにはどれくらいかかる?

 

30分程度です(MNP予約番号の発行には1〜3日かかります)

 

MNP予約番号は余裕をもって申請しょう

 

キャリアから格安simへ乗り換える場合、回線の切り替え設定をする必要がある。

 

この間データや通話は利用できないが、順調にいけば約30分で作業は終わる。

 

ただし、今まで使っている電話番号をそのままで乗り換える場合、MNP予約番号をキャリアのホームページや店頭で事前に取得する必要があるが、発行までに1〜3日かかるので前もって準備しておこう。

 

12、、【格安sim わからない】格安simは縛りナシじゃなかったの?

 

データー専用simなら縛りなしです

 

データーのみ:縛り期間なし

 

データー+通話:縛り期間あり

 

音声通話simは縛りあり

 

2年縛りというとキャリア特有のものというイメージがあるが、これは期間は違えど格安simも同じ。

 

縛りがないのはデーター専用simのみなので、通話もするという人は注意しよう。

 

 

13、、【格安sim わからない】通信速度が遅くなる時間帯ってあるの?

 

 

サラーリマンの出退勤時間、ランチタイムは遅くなる傾向にあります

 

アクセスが集中する時間帯は低速になる傾向に

 

 電話回線を経由したネット接続は、カクセスが集中すると速度が遅くなりやすい。

 

とにかく格安simはその影響がハッキリ出やすく、電車のなかで一斉にスマホにアクセスする出退勤時間や12時台のランチタイム、帰宅後の18時〜22時台は深夜に比べて低速になりがちだ。

 

言い換えるとこのアクセスが集中する時間帯に高速通信が可能な格安simは優秀であるといえる。

 

 

14、、【格安sim わからない】契約時に必要なものは?

 

契約時に必要なもの

 

MNP予約番号

本人確認書類

 

クレジットカード

メールアドレス

 

契約にあたって用意すべき項目は大きく4点

 

 格安simの契約にあたって、キャリアメールが使えなくなるので、申込み時の確認メールが受信できるフリーメールを用意しておこう。

 

また、キャリアからの乗り換えに必要なNMP予約番号は基本的に自分で用意する必要がある。

 

さらに月額料金の支払いに利用するクレジットカードは本人名義であることが条件。

 

本人確認書類は免許証やパスポートまたはマイナンバーカード(顔写真入り)が安心だ。

 

 

15、、【格安sim わからない】SMSってなに?

 

ショートメールのことです

メールアドレスを交換したり、LINEのようにIDで友達登録したりする必要はなく、電話番号だけでメッセージのやりとりができる

 

 

意外に使えるSMS格安simでも使えます

 

 SMSとはショートメッセージサービスの略で、メールアドレスの入力なしに電話番号だけで短いメッセージのやりとりができる。

 

SNSが主流の現在でも活用している人は多い。

 

格安simでは追加オプションでメッセージの長さに応じ、1通たり3円〜30円ほどで送信することができる。

 

 

16、、【格安sim わからない】乗り換えのベストタイミングは?

 

2年から2年2カ月まではOKです

 

違約金発生のタイミングを抑えて無駄なく乗り換え
 
 乗り換えの際に気になるのはやっぱり違約金。

 

2年縛りというと、ちょうど2年目の月に解約しなければならないと考えている人も多いかもしれないが、厳密には2年〜2年2か月の間に乗り換えればOK。

 

ただこのタイミングを逃すとさらに自動で2年契約される。

 

違約金は3キャリアとも9,500円と高額なので、タイミングを抑えてムダなく乗り換えたい。

 

 

17、、【格安sim わからない】家族でキャリアの家族割を受けているから抜けられない

 

 

家族割のメリットより節約額の方が大きいので安心です

 

家族割のメリット以上に大きい格安simの料金プラン

 

 同じキャリアで契約している家族全員の基本料金が割引される家族割は乗り換えをためらう理由のひとつだが、格安simは家族割で受けるメリットよりも大きい。

 

とくにデータシエアプランがある格安simに家族全員で乗り換えることで、データ通信のムダを抑え、大きく節約できるのだ。

18、、【格安sim わからない】ソフトバンクから乗り換えできる格安simは少ないって聞いたけど?

 

ソフトバンク回線のMVNOが増えました

 

ソフトバンクユーザーも乗り換えやすくなった

 

 3キャリアの中でも、MVNO事業者への回線提供数では2社に遅れをとっていたソフトバンクだが、ここ数年で【mineoやQT moble、LINEモバイル】など、以前に比べて利用する格安simがグッと据えた。

 

同じ格安simでもプランの内容がドコモ系やau系と異なる場合があるので事前にチエックしておこう。

 

 

19、、【格安sim わからない】ネット契約するとどれくらいでsimが届く?

 

2日から1週間程度急ぐなら実店舗で契約しましょう

 

ネット契約では物理的に即時入手不可

 

ネット契約で申し込む

 

 

 

カードと本人確認の審査結果を待つ

 

 

SIMが送られてくる

 

※ 基本的には上記の流れで進む。

審査に時間がかかることがあるので注意

 

※ ケースよって異なるが、大手の【IIJmioやmineo】は発送が早い

 

 

本人確認の審査に中1日かかることも

 

 ネット契約の場合、必要項目を入力し本人確認の審査に移るが、これに中1日かかることもある。

 

また、simは郵送になるため、自宅に届くまで最長で1週間かかる場合も。

 

急ぐなら店頭契約がスムーズだ。

 

 

20、、【格安sim わからない】未成年は契約できないの?

 

音声simの場合は親の承認が必要です

 

データーシエアを活用しょう

 

 音声simの契約は、18歳未満の場合は、親権者の同意が必要だ(データーsimは契約可能)。

 

そもそもクレジットカードが本人名義である必要があるため審査が通らないのだ。

 

家族で格安simを使うなら、親・子回線に分けて契約し、データーシエアをするのが賢明といえる。

 

 

21、、【格安sim わからない】毎月の利用料金は口座振替はできる?

 

 

ほとんどがクレジットカード引落し一部のMVNO事業者のみ可能です

 

支払いはクレジットカード払いが基本

 

 口座振替ができる主な格安simは下記の3社。

 

その他は契約内容によっての条件付きになる。

 

口座振替ができるMVNO事業者

UQ mobile
楽天モバイル
Y! mobile

 大手のMVNOがクレジットカードのみの対応だが、上記3社は口座振替が可能だ

 

 

22、、【格安sim わからない】通信量を節約するのに効果的な方法は?

 

Wi−Fiを活用しましょう

 

Wi-Fiの利用でデーターを節約

 

 データー使用量をできるだけ抑えるにはWi-Fiの活用がおすすめ。

 

とくに自宅でネット回線を引いているなら必ず設定しておこう。

 

また、カフェなど特定の場所でWi-Fiが提供されてこともあるので要チェックだ。

 

※ くれぐれもセキュリテイには注意

 

 

23、、【格安sim わからない】災害伝言板は格安simでもつかえるの?

 

NVNO対応の【WEB171】が利用です

 

■ 格安simで使える災害用サービス

 

緊急通報 災害用伝言板

緊急地震速報


×


利用できないのは、3大キャリアがそれぞれ運用する災害伝言版のみ。ほかは通常通り使える

 

※ MVNOに関係なく利用できる
 災害伝言板はキャヤリアごとの提供サービス。

 

格安SIMにするとそれらが使えなくなるのでNTTの「web171」【https://www.web171.jp/】を使おう。